菊池研究室

東京理科大学基礎工学部材料工学科バイオマテリアル工学研究室


高分子界面でバイオ機能をコントロール

人工血管や人工心臓に代表される医療材料は、生体と接触しながら使われ機能を発揮します。最適な機能を発揮するためには、これら医療材料の表面をどのよう に設計・調製するかがきわめて重要です。私たちは、生体成分との相互作用を制御し、生体成分を効率的に分離・精製したり、生体(生理)機能を最大限に活用 しうる新しい医療材料=バイオマテリアルの開発を目指して研究をしています。

Topics